Santangelo

P3301842.JPG
昨年の秋冬より展開しておりますナポリのカミチェリア「Santangelo」より、新作が届きました。
襟型は好評だった前回と同じ「Manhattan」と呼ばれるカッタウェイタイプ。ノーネクタイでボタンを開けた時の
襟の開きのシルエットが美しい、Santangeloならではの襟です。
P3301843.JPG
P3301845.JPG
素材はコットンメッシュのホワイトと、コットンリネンの涼しげなブルーストの2種類。
P3301844.JPG
コットンメッシュは見た目の清涼感もさることながら、張り感の強い生地ですので襟が綺麗にロールするところも
お勧めのポイントです。洗いざらしでお召いただいてもサマになる着回しの利く生地ではないでしょうか。

P3301846.JPG
ブルーストはネイビーやベージュ系のジャケットのインナーにお勧め。こちらもコットンxリネンの生地感が清涼感を
醸し出します。

サイジングは適度にタイトで着丈も若干短めですから、Tシャツやカットソーの上に羽織る感じでもお使いいただけます!

Hardy & Parsons

belt 008.jpg

英・ロンドンをベースに1982年に創業した、Greig&Greig Partnership社のオリジナルブランド「Hardy & Parsons」のベルトが入荷してまいりました!馬具商をルーツに持つため、上質なサドルレザーとクオリティの高いバックル素材には定評があり、特にブライドルレザーはフルグレインカウハイド(牛の1枚革)を使用した馬具と同クオリティの素材を贅沢にも使用しています。

belt 001.jpg

belt 004.jpg

belt 002.jpg

バックルは馬蹄をモチーフにデザインされた真鍮製のオリジナル。細かな細工まで綺麗にはいっています。

belt 003.jpg

ンっ? なにやらホースビットが 鎮座してます

belt 005.jpg

ジャーン、何とベルトの周囲に3箇所ホースビットがあしらわれているのであります。インパクト大!春夏のリゾートっぽい着こなしに大活躍間違いなしかと思われます。

belt 007.jpg

ホースビットの取り付けられている部分の裏側はこうなっております。太目の糸でガッチリと縫い留められています。

belt 006.jpg

素材は上述しましたブライドルレザーですから、耐久性は申し分ありません。カラーは深みのあるネイビーと非常に英国らしい味わいのあるサドルタンの2色です。

belt 009.jpg

こうして正面から見るとおとなしい印象ですが・・・

belt 010.jpg

サイドおよびバックには燦然とビットが輝いてますからインパクトあります!

belt 011.jpg

こうして見ると迫力満点ですね。これからの季節、洋服は薄着になりどんどんポイントが減っていきますから、コレくらいインパクトのあるベルトをチョイスしてみても面白いのではないでしょうか!

Pocket chief

chief (3).JPG

春らしい軽やかな色合いのポケットチーフが揃っております。

chief.JPG

ノーネクタイがビジネスシーンのスタンダードになりつつありますが、そんな時でもチーフ1枚を胸元へ挿すだけで少し華やいだ印象になり、清潔感もアップします。

chief (1).JPG

たかがチーフ、されどチーフです。お値段もお手頃ですし、収納にも場所を取らない賢いやつですから気になった柄があれば一期一会と思って買い足すのが賢明なアイテムですよね。

chief (2).JPG

ちなみに次の秋冬シーズンは驚く程のチーフのバリエーションを仕込んでいますので乞うご期待を!

ロゼスト ウェブショップ

ロゼスト ショップ紹介

ロゼスト 白金本店
108-0071
東京都港区白金台5-4-7
電話 ;03-5795-0062

ロゼスト 白金店

ロゼスト 東京ミッドタウン店
107-0052
東京都港区赤坂9-7-4 ガレリア1F
電話 ;03-5413-3700

ロゼスト ミッドタウン店