Jacon Cohen

このブログをご覧の皆様ならご自宅のクローゼットに最低1本は必ずあろう「ヤコブ コーエン」のパンツですが、デニムに隠れた存在にして、シルエットと履き心地が素晴らしい隠れ名品とも言うべきがこのカーゴパンツです。

shirogane 013.jpg

ご覧の通り、シルエットはカーゴパンツというには激細!!!なんですが、ストレッチがばっちり効いた生地のお陰で動きやすさは抜群。このシルエットはストレッチ素材なくして成立しないといってよいのではないでしょうか。

カーゴをカーゴたらしめたるヒザ上部分のポケットもマチ幅を少なく、ボリュームがあまり出ないように工夫されています。全体に適度なウォッシュがかかっているのですが、決してユーズドの履き古したイメージではなく、あくまで軽快感を狙っての加工に徹しているところも好感度高しですね。カーゴパンツの着こなしの難しさはまさにその軽快感を上手く出せるかどうか、一歩間違うとだらしなく見えてしまうアイテムでもあります。その点コイツは完璧。写真のように大きくロールアップさせて履いたりしてもだらしなく見え過ぎないと思います。

shirogane 014.jpg

カラーは写真のカーキとダークグレーの2色展開。かなり品薄になってきている故、気になる方は是非お問合せを!

ベストのインナーは

昨日ご紹介したベストのインナーに着ていたのがこちら。

shirogane 011.jpg「Drumohr」のローゲージニットカーディガンであります。今シーズン台風の目といっても過言ではないくらい注目度の高いローゲージニット。各雑誌でもこれでもかという位に紹介されていますよね。このドゥルモアーも色々な雑誌で目にしますが、不思議とこのモデルはほとんど露出がないみたいです。私の中ではこれが今季のニットカーディガンで一押しのモデルなのですが・・・。何と言ってもこれまた注目のダッフルコートのデザインを取り入れているトコロがお気に入りのポイントです。よくあるへちま襟でVゾーンがあるタイプは意外と中に着るものを選んでしまうのでへヴィーに着回すには意外に手こずるのですが、このモデルなら首元まで留めて着るデザインなので、Tシャツでもポロシャツでもボタンダウンでも何でも来い!シンプルに白いTシャツなんかがばっちり似合う気がします。

shirogane 012.jpg

後ろ身頃はシンプル&袖に入った縄編みがポイント!フードも凝った編みが施されており、大人っぽさ満点です。カラーは写真のグレーのみで展開しております。

AIGUILLE NOIRE by PEUTEREY

ここ数日で朝晩は少し冷え込んできましたね。しかしまだ昼間は比較的暖かくてアウター、いわゆるコートを着る程でもない微妙な時期・・・

こんな時にはベストがおススメ! ベストって毛嫌いする方も多いのですが・・・太って見える?オジサン臭いイメージ?動きづらい? etc… ネガティブな意見もよく耳にします。 が、それって一昔前のイメージです。最旬ベストはそんなイメージを一発で払拭!しますよ。

shirogane 016.jpg

shirogane 015.jpg

今季おススメなのはこちらの「AIGUILLE NOIRE」(アギラノワール)の1枚。聞きなれない名前ですがそれもそのはず、プレミアムダウンで人気の「PEUTEREY」から新しく登場したブランドです。今月号の「LEON」誌上でも大きく取り上げられている旬な1着!従来のピューテリーがアウトドアを意識したスタイルを基本にしていたのに対して、このアギラノワールはシティをイメージしたスマートなラインです。素材はウールxポリエステルで少しシャイニーでテクニカルな素材感。もちろんピューテリーお得意のプレミアムダウンを使用していますが、見ての通り、街で着る事を前提とした結果、やり過ぎたモコモコ感はゼロ!今の気分にピッタリの適度にカジュアル、適度にモダンに完全にハマるデザインなんです。肝心のシルエットもご覧の通りのタイトさですから、Tシャツ〜ローゲージニットに至るまでスマートに着こなせます!ジッパーなどの金属部分はブラックニッケル加工がされており、スマートなシルエットと相まって都会的な匂いがプンプンしております。ボトムはウールパンツやカーゴパンツ、チノパンと何でも来いの合わせ易さ!ただパンツは細身のシルエットを合わせることを忘れずに!

ロゼスト ウェブショップ

ロゼスト ショップ紹介

ロゼスト 白金本店
108-0071
東京都港区白金台5-4-7
電話 ;03-5795-0062

ロゼスト 白金店

ロゼスト 東京ミッドタウン店
107-0052
東京都港区赤坂9-7-4 ガレリア1F
電話 ;03-5413-3700

ロゼスト ミッドタウン店