メタルボタン

こんにちは

今日はいわゆるブレザーってやつを着ています。お店でもNAVYジャケットをお求めになる御客様は非常に 多く、なかでもビジネス〜綺麗めカジュアルまで対応できる1着というリクエストをよくいただきます。順当にいけばいわゆるホップサックと呼ばれるバスケット織り調のウール、あるいはウール&リネンあたりをお薦めするのですが、個人的には今シーズンはプラスαしてメタルボタンで仕上げてみるってのをお薦めしています。皆さんこのメタルボタンってやつに抵抗のある方が多く、理由としては制服っぽいという声をよく耳にします。確かに一歩間違えるとそうかも知れませんがー 例えばこんなシンプルなシルバーボタンならどうでしょうか?

 IMG_0081.jpg

制服っぽくはあまり見えないと思うのですが・・・ いわゆる金ボタン、もっと言えば「金色」に抵抗がある方でもこれなら大丈夫です。たかがボタンですが、されどボタン!随分と印象が変わりますよ!ボタンなので気分が変われば取り替えちゃえばイイだけですし、是非皆様もチャレンジしてみて下さいませ!

 IMG_0071.jpg

シャツはFrancesco Merolla、デニムは既に10年選手に近いHELMUT LUNG。

靴は最近またお気に入りのJ.M Westonです。何とも言えない素朴な雰囲気が気分です。

次はリザード素材のダークブラウンが欲しいなぁ

 

スーツ

こんにちは、五十嵐です。

 

今日は朝から大事な社外ミーティングがあり、ご覧のようにスーツスタイルで出社しています。

 IMG_0055.jpg

 

少しシビアなミーティングでしたので、地味目にソツなく・・・アレッ、ということは書いてもツマンナイか?
と一瞬頭を過ぎりましたが、まぁお付き合いを。

 

まずはスーツですが、私にとっての定番、Cesare AttoliniのSモデルです(ちなみにレディメイド品)。
Attoliniの良さって散々色々な方面で述べられていますからここでは省略するとして、
私的に支持し続けるその最大の魅力は「安心感」です。
スーツっていくらクラシックなスタイルとはいえ、シーズン毎に少しづつトレンド等を
加味しながらシルエットやデザインに変化があるものなんです。
結果3〜4シーズン位前のスーツを着ると、何となくしっくりこない、何か物足りないといった気持ちに
陥ることが多々あるのですが、アットリーニにはそれがない!
いつ着てもしっくりくる味わいがある、色褪せない本物の良さとでも言うのでしょうか?
一本筋の通った(それもかなり太い)ハウススタイルに対してのポリシーが感じられるのです。
だからいつものアットリーニになり得るののです。その安心感って結局バリューだと思います。
一流と呼ばれるものは全てこのバリューが感じられるのです!
                                                   

で合わせたシャツはFrancesco MerollaのピンOXボタンダウン。
今月入荷してきた新しい襟型のモデルで、従来より若干コンパクトな襟になっています。
今日初めて着たのですが、この襟は絶品!ジャケットへの収まりが良い上に、タイスペースの大きさが絶妙です。
これはタイドアップして着たくなるボタンダウンシャツですね。
タイは随分前に購入したStefano Ricciのシルクタイ。
素材のクオリティの良さと、程よい芯地の薄さが気に入っています。
何よりコンパクトなノットに仕上がるのが私好みなのです。一歩間違うとアラブの成金趣味なところもまたツボです。
IMG_0060.jpg 

足元はロゼストオリジナルのプレーントゥ。これは御客様から好評を頂いていたシリーズなのですが、
生産を委託していた工房からあまりに手間のかかる作りなので追加生産は勘弁して欲しいと断られたという
逸話を持つ逸品です。まだ若干のストックがございますので、ご興味ある方は是非弊社東京ミッドタウン店へお問合せ下さい。

 ※最近ポケットチーフを挿さないのが気分です。                                 

 

 

2009.05.23.

記念すべき第1回目はコチラ!
 
IMG_0015.jpg
 
うーん、ポーズが様になってません・・・見苦しい点はお許しを・・・
 
まずジャケットですが、これは先月オーダーから上がってきたロゼストオリジナルです。
現在オリジナルのラインは5つのパターンがあるのですが、これは「Avernus」というモデル。
※モデルの詳細は是非ホームページの「ORDER」内にある「RROZESTT MEN’S」をクリックしてご参照下さい!↓↓
http://www.rrozestt.co.jp/order/order_rrozestt.html

 

それをベースに芯地を柔らかなタイプに変更 & 袖幅を細く & なで肩補正 etc.とわがまま放題の私の基本スペック。
それにプラスして私的に今シーズンは短めの着丈、ややゆったりしたウエストシェイプが気になりますので、昨シーズンよりも
着丈を3cm!短く、ウエストはドロップ1.5緩めにオーダーしています。
素材はウール100%のコードレーン調。この素材、ややザックリした生地目でカジュアルっぽい表情がイイ感じです。
シャツだけじゃなく、ポロシャツやニット系とコーディネートできる雰囲気で着まわし抜群!また、価格もこなれているのでお薦めです。
 
インナーのポロシャツはイタリアのメーカーに別注をかけたオリジナルのヘビーウェイト鹿の子です。

今日着ているのはブラック、ブルーのシェルボタンがアクセントです。このしっかりした生地感が最高です!
ポロシャツって洗って洗って洗い続けて袖周りや襟が体に馴染んでいる状態が常々カッコ良いと思っているのですが、
今年のオリジナルポロはまさにそのイメージです。シルエットはタイト過ぎない程良い感じ、私のように少々メタボ気味だろうが安心です!
 
 

パンツはPT05
まだ登場してファーストシーズンですが、早くもプレミアムデニムの一翼を担うであろう高い評価と注目を浴びています。
これショップでも見た目の細さに敬遠されるお客様も少なからずいらっしゃるのですが、腰周り〜ヒップのゆとりある設計と抜群のストレッチ性
が相まって、ホントに履き心地が良いです。あと遊び心の詰まった細かなディテールのデザイン、豊富なカラーバリエーションなど、
充実したコレクションには脱帽です。次の秋冬モデルも新作が目白押しで期待できるブランドの一つです。
 
 

足元はこのブログでも弊社の河原が既に紹介しておりますCesare Paciottiのラバーシューズです。 

色はネイビーをチョイスしました。これはなんと言っても素材の面白さ!と意外やキチンとした木型で作られたであろうフィッティングの良さです。
巷に溢れるレザーのドライビングシューズを尻目に変化球の1足ですが、これからの季節には活躍すること間違いなしのお気に入りです。
 
 

こういう具合に普段の服装は「シンプル&お洒落に見えない」がポリシー!(あと3月〜12月は靴下を履かない)
少しでも皆様のお買い物のお役にたてれば幸いです。 

ロゼスト ウェブショップ

ロゼスト ショップ紹介

ロゼスト 白金本店
108-0071
東京都港区白金台5-4-7
電話 ;03-5795-0062

ロゼスト 白金店

ロゼスト 東京ミッドタウン店
107-0052
東京都港区赤坂9-7-4 ガレリア1F
電話 ;03-5413-3700

ロゼスト ミッドタウン店